FC2ブログ
プロフィール

maron

Author:maron
1年9ヶ月の韓国留学を終え2009年3月帰国しました♪
これからは韓国ドラマ、映画、ミュージカル、コスメなど韓国に関わることをマイペースに書いていこうと思います。
お気軽にコメントください^^
(現在承認制です。)
※相互リンクも募集中です!

FC2カウンター
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログペット
リンク
最近のトラックバック
ランキング参加中!
気に入っていただけたらポチッとお願いします♪

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
ブログ内検索

maronの韓国ミーハー留学日記♪

韓国語にハマり、韓国芸能にまでハマってしまったmaronのミーハー的韓国留学生活をお届けします(笑)

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.08 Fri 17:01
まずは大変遅れましたが
あけましておめでとうございます

会社が冬休みに入った初日の12/26~1/2まで韓国へ行ってきました
なので久々に色々と韓国ネタができまして、書きたいことはたまってたんですがなかなか書く時間がとれずちょっと時間が経ってしまいましたが、思い出しながら書いていこうかと思います♪

まず第1弾は観て来た映画について。
今韓国ではアバターに次ぐ人気となっている「チョン・ウチ」です!!!
o0408058510317100718.jpg

ポスターを見ていただければお分かりのように主演は
「オオカミの誘惑」や「私たちの幸せな時間」などでおなじみのカン・ドンウォンです
106891_l.jpg

では簡単に映画の説明でも。
今回のキャッチコピーは「最初の韓国型ヒーロー映画」!!!
タイトルである「チョン・ウチ」というのは主人公カン・ドンウォンの役名で、実在したと言われている道術士です。
そう、今まで各国のヒーロー達が超能力や魔法を駆使してきましたが、韓国型ヒーローは道術です。
舞台は500年前の朝鮮時代から始まります。
伝説の笛「万波食積」(←漢字が合ってるかは不明)が妖怪の手に渡り、妖怪たちが好き放題のさばり始めたため、3人の神仙達は当時最高の道術士であったウチの師匠チョングァン大師(?)とファダムに助けを求め妖怪達を封印します。
そして「万波食積」を二つに分けて二人に保管するよう任せます。
しかし劣等生だったウチが問題を起こし、神仙達がファダムと共にチョングァン大師に会いに行くとチョングァン大師が亡くなっていて「万波食積」も一緒に無くなっていたのです。
問題ばかり起こしていたウチは師匠殺害の疑いをかけられ、飼い犬のチョレンイと共に掛け軸の絵の中に封印されてしまいます。

時は過ぎ妖怪を捕まえる道術士も伝説となった2009年のソウル。
なぜか封印したはずの妖怪たちが再び現れ問題を起こし始めます。
妖怪を封印する力はあっても倒す力のない神仙たちは、
ウチとチョレンイの封印を解き妖怪たちを捕まえるように頼むのです。
そんな時ファダムも現れ・・・

といった感じです。
肝心の感想はというと・・・すっごくおもしろかったです!!!
今回初めてデジタル4Dというので観たんですが、映画の内容に合わせてイスが揺れたり、風が吹いたり、顔に霧がかかったりするんです!!!
まぁ冬なんで風が吹くとちょっと寒かったし、結構びっくりしたりもしますけど、映画との一体感を感じられるし臨場感もあってすごく面白かったです^^
あと音楽も良かったですね~♪OSTが欲しくなっちゃったくらい。
そしてリーフレットにも書かれていたんですが、とにかく1本の映画の中にアクション・コメディ・対決・恋愛と色んな要素が詰まっていて観ていて飽きませんでした!
48227_s75_160310_seonjeong59.jpg
0028092m_2.jpg
200911260928431001_3.jpg


カン・ドンウォンは「オオカミの誘惑」を観て以来大好きで、今までの作品は全部観ています。
彼の魅力は何と言ってもあの同じ人間とは思えないスタイルの良さ!!!
9245e1318819b5701d1094125951dd0b.jpg
(この服装はちょっと微妙ですけどね^^;)
身長186cmで顔は小さいわ足は長いわそして顔もイケメンですしね♪
まぁ顔だけ見るとものすっごいイケメンではないとも思いますが、あのスタイルであの顔なら文句なしでしょう!
韓国にいた頃に2度ほど目の前で見たことがあるんですが、ホントにあの足の長さにはビックリでした
映像で見る以上に実物で見るともっとスタイルがいいんですよぉぉぉ!!!
ただ、その見た目の良さゆえに見た目だけのアイドル俳優・演技力ナシといった評価が付いて回っているようですが、私は彼の演技も嫌いじゃありません。
「私たちの幸せな時間」ではめっちゃ泣かされましたし
まぁ確かに今回の「チョン・ウチ」はキム・ユンソク、イム・スジョン、ユ・ヘジンなど演技派と呼ばれる俳優が周りを固めてたので余計にそう言われてしまうのかもしれませんね~。
まぁでも見た目が良くてこそそう言われるわけですから、それも持って生まれた才能の一つですよね。
やっぱり主演は観ていて美しいほうがいいですし(笑)
あとはあの釜山訛りが微妙に残ったようなしゃべり方もそう言われてしまう要因のようです。
でも私はあのしゃべり方かわいくて好きですけどね~~~(訛り好き)
今回の役は問題児の役なので、おどけた感じによく合ってたと思いますし。
この首を傾げて覗く感じもかわいくてツボでした↓
48227_s59_110718_seonjeong59.jpg

そして神仙の3人もいい味出してて面白かったです~~~^^
3.jpg

あとはこのシーン↓では大爆笑でした
48227_s70_100334_seonjeong59.jpg
その理由はぜひ映画を見てみてください~~~

とにかく!!!観て損はない映画だと思いますよ~~~♪
美しすぎるカン・ドンウォンを観てるだけでも飽きませんし(笑)
特に現代に来てからは洋服を着たりするので
その素晴らしいスタイルがよくわかるかと思います。
ただ、どれも若干マイケル・ジャクソン風だったのが気になりましたが(笑)
すでに13カ国に販売されたとのことなので
日本でも必ず公開されると思いますよ~~~☆
ではでは予告編をどうぞ
[高画質で再生]

チョン・ウチ

[広告] VPS
スポンサーサイト
maronちゃんも観たのね、チョン・ウチ!(チョヌチが近い?)
これ、ほんっとーに面白いよね!私もすっごく笑ったモン!
ヒップホップ宮廷音楽、ナイスだよねー。
maronちゃんの書いた内容を読んで、何が驚いたって、ツボが全くおんなじこと。
チョレンイのあのシーンも爆笑だったし、神仙3人組も最高だし
カン・ドンウォンを見る目が…私も「なぜマイケル?」って思った(笑)けど
道士姿もイケてるよね。襟巻き(マフラー)がやけに今風で。
顔がやったら小さいと、こういうことになるのかーと見てて飽きなかったです。
ワイヤーアクションもかっこよかったし(おぉーって声上がってたよ)。

実は私も「オオカミの誘惑」でカン・ドンウォンを見直した人なのです。
「私たちの幸せな時間」は小説読んでも、映画を観ても、涙が出たよ…
釜山訛りを隠さない人なので、外見とあのビミョーなイントネーションのギャップがいい味出しまくり。
そっかー、maronちゃんは「M」で実物見てるんだよねぇ…

私も映画見ながら、目はハートv-345なんだけど、大爆笑でした。
(大使って、大師?お師匠さんだから…)
From:maikoオンニ URL 2010.01.09. Sat 11:41 [Edit]
>maikoオンニ
大使は私も大師かな?と思いつつ
でも大師って言葉が日本語には無いようだったので
翻訳機そのまま書きました^^;
大師に直しときますね~♪

それにしてもホントにオンニと私はツボが合いますよね~!
いつもじゃないですか?
まさかマイケルを同じように感じている人がいたとは驚き(笑)
私も道士姿のが好きでしたね~☆
ワイヤーアクションかっこよかった~~~!!!
ホントにカン・ドンウォンいいですよねぇ^^
そうそう「M」の時に実物観てるんですけど
まぁ「M」はちょっと・・・でしたが^^;;
でも「オオカミの誘惑」と「私たちの幸せな時間」は大好きです!
あとはドラマも好きでしたけど、最近はもうドラマやらないですからねぇ。
From:maron URL 2010.01.09. Sat 15:35 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © maronの韓国ミーハー留学日記♪ All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

台湾ワーホリ・留学サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。